少子化問題の希望の星?りゅうちぇるがパパタレ界を変える

公開日: 更新日:

 空気を読まないハッチャケ発言でブレーク中の長嶋一茂(52)以上に存在感を放っていたのは、タレントのりゅうちぇる(22)である。

 14日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演し、MCの明石家さんま(63)からいの一番に話を振ってもらうと、先月、生まれたばかりの第1子・リンクくんの近況を告白。「僕と似ててぇ~すごく。哺乳瓶(おっぱい)をあげる時も小指が立ってるの!」と、早くも父親の芸風を受け継ぐエピソードを披露し、笑いを誘ったのだった。加えて、産後間もない妻・ぺこ(23)の体調をおもんぱかり、「料理は僕が作ってる」とも。今後は良きパパ路線を押し出していこうという意欲を感じさせたのだった。その証拠(?)に「さんま御殿で披露したエピソードは、ほかでも3回ぐらいは話している」とは、コラムニストの桧山珠美氏。

「デビュー当初はおネエの進化系のような“ジェンダーレス男子”として物珍しさを誘っていましたが、結婚して子供を授かってからは徹底してイクメンパパを売りにしている。実にうまいと思いますね。いまは『父兄』という言葉を使わないようになったり、『LGBTは生産性がない』と主張する政治家が問題視される時代。性別を感じさせないニュータイプのイクメンパパを定着させることで、再び始まるであろうぺことのセット売りにも追い風が吹くはず。子供服ビジネスにも参入している姿も目に浮かびますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る