家族ネタで“一発屋”回避 ぺこ&りゅうちぇるの生き残り術

公開日:  更新日:

 21日、映画「スーサイド・スクワッド」のキックオフイベントが開かれ、カップルタレントのぺこ(21)、りゅうちぇる(20)が登場した。

 イベントやバラエティー番組で大忙しの2人。8月には期間限定で原宿に2人が監修したカフェのオープンも控えている。

 この日はケンカの話題になり、報道陣から「ケンカを再現してみて」とリクエストされると、ぺこが「比嘉龍二のクセに何がりゅうちぇるや!」と“口撃”。りゅうちぇるが「本名言わないで!」と抵抗するも、「ホンマめんどくさい」と呆れるぺこに、「恋ってめんどくさいもんでしょ?」と“名言”返し。コントさながらの再現に爆笑が起きていた。

 あまりの臨機応変な対応にMCが「タレント活動はどれくらい?」と聞くと、2人は声を揃えて「10カ月~」と答えて周囲を驚かせていた。りゅうちぇるはテレビ番組出演本数ランキングの「2016上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター調べ)部門で4位(113本増)にランクイン。一部では「ビジネスカップル」説も囁かれるが、奇抜なファッションだけがウリの気色悪い一発屋で終わらないのは、2人を取り巻く環境にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る