• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

家族ネタで“一発屋”回避 ぺこ&りゅうちぇるの生き残り術

 21日、映画「スーサイド・スクワッド」のキックオフイベントが開かれ、カップルタレントのぺこ(21)、りゅうちぇる(20)が登場した。

 イベントやバラエティー番組で大忙しの2人。8月には期間限定で原宿に2人が監修したカフェのオープンも控えている。

 この日はケンカの話題になり、報道陣から「ケンカを再現してみて」とリクエストされると、ぺこが「比嘉龍二のクセに何がりゅうちぇるや!」と“口撃”。りゅうちぇるが「本名言わないで!」と抵抗するも、「ホンマめんどくさい」と呆れるぺこに、「恋ってめんどくさいもんでしょ?」と“名言”返し。コントさながらの再現に爆笑が起きていた。

 あまりの臨機応変な対応にMCが「タレント活動はどれくらい?」と聞くと、2人は声を揃えて「10カ月~」と答えて周囲を驚かせていた。りゅうちぇるはテレビ番組出演本数ランキングの「2016上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター調べ)部門で4位(113本増)にランクイン。一部では「ビジネスカップル」説も囁かれるが、奇抜なファッションだけがウリの気色悪い一発屋で終わらないのは、2人を取り巻く環境にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る