井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

翁長知事が闘ったのはヤマトンチュウからの自由解放運動だ

公開日: 更新日:

 翁長知事、辺野古移転反対闘争、本当にお疲れさまでした。でも、実は悔やみきれない、居ても立ってもいられなくなるのが、残された今の沖縄の実情だ。埋め立て工事は、日本政府の何食わぬ官房長官のシラケ顔とともに進んでいる。翁長氏の無念、残念、痛恨と同様、オレにも怒りしかない。

 もしも今、オレが高校生か大学生なら、仲間ら20人ほどで誘い合い、基地反対闘争支援に、沖縄に飛んで、移設NOの県民大会に参加し、そのまま辺野古に野営テントを張って、皆で居座っていたかもしれない。ひょっとしたら海上反対デモを闘い、逮捕されて勾留されているかもしれない。

 知事が亡くなった速報を聞くや、そんな白日夢を見た。大人なんかクソ食らえじゃ! 若者なら行動する以外に何があんねん! 阻止しかないやろ! と、すべての「反体制」に身悶えしていた昔の自分が浮かんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る