井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

どこが“唯一の被爆国”だ? 口先だけの為政者は恥を知れ

公開日:

 小生、なんだかんだと書いてきたが、今回ばかりは心底、安倍首相を怒鳴りつけてやりたい。

 昨日、8月9日に、誰もが信じがたいことだが、広島に続いて長崎へ2発目の原爆まで落とされた。そして、やっと本日10日、日本政府の最高戦争指導者会議で米英の降伏勧告に応じるのか否か、誰ひとりと英断を下せないまま、最後には昭和天皇に意見を伺った揚げ句、天皇の聖断によりポツダム宣言の受諾を決めたというのが敗戦の経緯だ。

 広島の大殺戮(さつりく)から丸3日間、何度となく指導者会議を開いておきながら、何の答えも出せないで、結果がそれだったのかと思うと、つくづく「戦争」を終わらせることの難儀さを痛感する。そして、日本は世界初、前代未聞の2発立て続けの「核戦争」を体験してしまった国として、地球史に刻印されているのだ。

 こともあろうに、その“最悪の国″の首相が、だ。核兵器禁止条約の国連採択から1年たって迎えた先日の平和記念式典で「核兵器のない世界の実現に向け、粘り強く努力を重ねていくことが我が国の使命です」と大方、官邸の子分が書いた挨拶文をのうのうと棒読みするだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る