ロックンローラーコンテスト準優勝で開けた芸能界への扉

公開日:  更新日:

 なんとか踊りを楽しめるようになったとき、「ミス・ロックンローラーコンテスト」があるとメンバーが知り、私はチームの代表として出場の要請がかかった。「きみはマスコットガールなんだから、チームの名前を売っておいで」というのだ。踊りのうまい先輩の特訓で振り付けを覚え、コンテストの舞台に立った。「ダイアナ」に「リトル・ダーリン」と、一生懸命踊った。なんと準優勝だった。この秋に東京で開かれる全国大会に出場できることになり、そこで優勝すると歌手デビューできると聞いた。

 憧れの聖子さんと同じ歌手。それは夢のまた夢。私は学校の先生になろうと思っていた。でも、夢の世界にも懸けてみたい。原宿、ホコ天、竹下通りに行けるというだけで胸が躍った。

 全国大会はこの翌年だった。直前に風邪で39度近い高熱を出し、リンパ腺が腫れてとても外出どころじゃなかったけれど、絶対に行くと言い張って、心配してくれる家族を押し切った。原宿を歩いた。ホコ天で竹の子族を見て、竹下通りでクレープを食べて、原宿発祥のフィフティーズのファッションブランド「クリームソーダ」のお店に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る