「寝ても覚めても」で開花 東出昌大は“杏の夫”の肩書返上

公開日: 更新日:

「役者」の東出昌大(30)がひと皮むけたと評判だ。1日に公開された主演映画「寝ても覚めても」(濱口竜介監督)がそれ。公開前から「年末以降の賞レースに絡んでくる有力候補の一本」(映画関係者)と評価は上々で、「万引き家族」同様、第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門出品作でもある。

 唐田えりか(20)演じる若い女性が体験する摩訶不思議な恋愛物語。容姿はうりふたつだが性格は正反対の男の間で揺れる8年を描くが、キーマンの男を演じる東出の好演が光っているのだ。

 英ガーディアン紙にも「素晴らしい」と評価された一人二役。原作は容姿も似つかない別人で、ヒロインの女性だけが似ていると“錯覚”している設定だけにより難しい演技が求められる。しかし、スクリーンに映し出される姿に気負いは感じられない。ごくごく自然体なのが印象的だ。

 2012年公開の映画「桐島、部活やめるってよ」で役者デビューして6年。ある雑誌のインタビューで、本作の撮影前に行ったワークショップで濱口監督の演技指導を受け、6年間でたまった澱が取れたなどと語っていた。本作の撮影は17年夏。その後、フジテレビ系ドラマ「コンフィデンスマンJP」にも出演し、役者としての株を大いに上げている。2日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)では「いまも『役者です』と胸を張って言えるかといえば、気後れする」と赤裸々に心境を語っていた東出。コラムニストの桧山珠美氏は、「“苦労して考えたい人”がようやく花開いた感じ」とこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る