滝沢秀明 ジャニー社長「後継」指名までの“波乱の舞台裏”

公開日: 更新日:

ジャニーズJrたちの育成で、お手伝いしたい」

 ジャニー喜多川社長は滝沢からそう言われたと事務所のサイトで明かし、こう続けた。

「私は驚きと共に嬉しくて涙がこぼれそうでした」

 滝沢は年内でタレント活動から身を引き、今後はジャニー氏の後継者、幹部として、タレントの育成やプロデュース業に専念する。

「これは前々から、予想されたことでした」とジャニーズ担当記者が言う。

「ジャニーズをヤクザ組織になぞらえると、東山紀之が若頭、オジキが近藤真彦、滝沢は堂本光一らと並んで次世代を担う若頭補佐というポジションでした。今回はそんな滝沢が先輩たちを差し置いて手を挙げた印象かも知れませんけれど、実際は少し違います。近藤は悪い言い方をすると自分勝手な甘えん坊ですし、東山はマイペースで、自分が全てというタイプ。舞台などでは集合時間の1時間前には来て、腹筋500回を当然のようにやっていたりするし、役員として、背中で後輩を引っ張っているつもりかも知れませんけれど、後輩たちの面倒見、プロデュース能力、人柄も人望も、滝沢にはとても及ばない。それは関係者なら誰もが認めていると思いますよ。滝沢には『芸能部長』との異名も内部ではあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る