マラソン大迫傑のTV生出演 “伴走者”はアミューズだった

公開日: 更新日:

 朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)は、番組冒頭から取り上げる力の入れようであった。先週7日に第41回シカゴマラソンで3位に入った大迫傑選手(27=ナイキ・オレゴンプロジェクト所属)が昨18日、同番組に生出演(写真)。3度目のフルマラソンで日本選手初の2時間5分台の記録を樹立した日本マラソン史上最速ランナーの強さの秘密に迫る内容で、MCの加藤浩次(49)らを相手にトークを展開したのだった。

 その尺の長さは、8時の放送開始直後からドーンと40分間以上。佐久長聖高校時代や早稲田大学時代の恩師、それに旧友のインタビューVTRも交えた充実っぷりだったのだが、負けじ(?)と同日夜のNHK「クローズアップ現代プラス」でも大迫特集が組まれた。こちらも本人が生出演し、タレント顔負けの甘いマスクで茶の間を席巻したのである。

 この日は2本のテレビ番組生出演に加え、8ページにわたってインタビュー記事が掲載されている季刊スポーツ情報誌「ナンバー・ドゥ」(文芸春秋)の発売日でもあった。朝と夜の人気番組、それに専門誌と実に効率よくメディア出演をこなした背景にはある“伴走者”の存在が……。サザンオールスターズ福山雅治らが所属する大手芸能事務所「アミューズ」が大迫選手のマネジメントを担っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る