マラソン大迫傑のTV生出演 “伴走者”はアミューズだった

公開日:

 朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)は、番組冒頭から取り上げる力の入れようであった。先週7日に第41回シカゴマラソンで3位に入った大迫傑選手(27=ナイキ・オレゴンプロジェクト所属)が昨18日、同番組に生出演(写真)。3度目のフルマラソンで日本選手初の2時間5分台の記録を樹立した日本マラソン史上最速ランナーの強さの秘密に迫る内容で、MCの加藤浩次(49)らを相手にトークを展開したのだった。

 その尺の長さは、8時の放送開始直後からドーンと40分間以上。佐久長聖高校時代や早稲田大学時代の恩師、それに旧友のインタビューVTRも交えた充実っぷりだったのだが、負けじ(?)と同日夜のNHK「クローズアップ現代プラス」でも大迫特集が組まれた。こちらも本人が生出演し、タレント顔負けの甘いマスクで茶の間を席巻したのである。

 この日は2本のテレビ番組生出演に加え、8ページにわたってインタビュー記事が掲載されている季刊スポーツ情報誌「ナンバー・ドゥ」(文芸春秋)の発売日でもあった。朝と夜の人気番組、それに専門誌と実に効率よくメディア出演をこなした背景にはある“伴走者”の存在が……。サザンオールスターズや福山雅治らが所属する大手芸能事務所「アミューズ」が大迫選手のマネジメントを担っているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る