桐谷美玲と結婚で改心?三浦翔平“ヤンチャ俳優返上”の評判

公開日: 更新日:

「まるで人が変わったかのように腰が低く、爽やかな青年で驚きました」(出版関係者)

 俳優、三浦翔平(30)の話である。今年6月にデビュー10周年を迎えたイケメン俳優は、かねて交際していた桐谷美玲(28)との結婚を果たし、公私ともにノリにノッている。米倉涼子(43)主演ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)では自慢の容姿を武器にパラリーガル兼ホスト役で主要キャストのひとりとして名を連ねている。4月期クールの「正義のセ」(日本テレビ系)に続き、司法ドラマに出演するとは顔かたちだけでなく、中身も備わっていると言わんばかり。実際、番宣絡みのインタビュー取材も積極的に応じるなど、なかなか評判がいいのである。

 過去には役者仲間である佐藤健(29)らと参加した合コンで相手の女性陣に対し、“帰れブスコール”をしたと報じられたこともあるぐらいのヤンチャ坊主だった。

「夜の繁華街でブイブイ言わせていたのは有名な話。それなのに取材時の態度は最悪で、カメラを向けても『もう十分撮ったでしょ?』と途中で帰ったり、笑ってとリクエストしても、にこりともしない。あんなに非協力的な芸能人は会ったことがないというぐらい生意気盛りでしたね」(前出の出版関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う