近藤春菜「スッキリ」サブMC歴2年半 貫禄の立ち居振る舞い

公開日:

診断結果は…【可】

 ハリセンボンの近藤春菜が日本テレビ系「スッキリ」のサブMCに抜擢されてから2年半が過ぎた。

 MCは同じ所属事務所の先輩、加藤浩次ということもあってか、番組に馴染むのは早かった。立ち居振る舞いを見ていると、“登場してからもう7~8年になるのでは”という雰囲気を漂わせている。

 7日、まず話題になったのが同時間帯の各局ワイドショーのさまざまなギネス記録への挑戦。「スッキリ」では1分間、箸でバドミントンシャトルキャッチに挑むことになった。その際、春菜が発したコメントは「今記録を持っているのは米国の選手なのですが、お箸の国の者としてはこれを超えたい」。

 頭の回転が速い春菜の良さが光った。

 また、スマホ認知症の話題では出演者がどれくらい症状が進んでいるかテストを受けた。「ベッドでスマホをいじっている」「最近漢字が書けなくなった」などで“要注意”の判定を受けた春菜は「一日、スマホを使わないと決め実行したことがある。ある場所を探すのにスマホの地図機能を使えず、面倒だったりしたが、スマホに使う時間を読書に充てた」と生真面目な一面を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る