近藤春菜「スッキリ」サブMC歴2年半 貫禄の立ち居振る舞い

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 ハリセンボンの近藤春菜が日本テレビ系「スッキリ」のサブMCに抜擢されてから2年半が過ぎた。

 MCは同じ所属事務所の先輩、加藤浩次ということもあってか、番組に馴染むのは早かった。立ち居振る舞いを見ていると、“登場してからもう7~8年になるのでは”という雰囲気を漂わせている。

 7日、まず話題になったのが同時間帯の各局ワイドショーのさまざまなギネス記録への挑戦。「スッキリ」では1分間、箸でバドミントンシャトルキャッチに挑むことになった。その際、春菜が発したコメントは「今記録を持っているのは米国の選手なのですが、お箸の国の者としてはこれを超えたい」。

 頭の回転が速い春菜の良さが光った。

 また、スマホ認知症の話題では出演者がどれくらい症状が進んでいるかテストを受けた。「ベッドでスマホをいじっている」「最近漢字が書けなくなった」などで“要注意”の判定を受けた春菜は「一日、スマホを使わないと決め実行したことがある。ある場所を探すのにスマホの地図機能を使えず、面倒だったりしたが、スマホに使う時間を読書に充てた」と生真面目な一面を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  10. 10

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

もっと見る