吉高由里子が近藤春菜に誓った 関ジャニ大倉との結婚計画

公開日:

 吉高由里子(29)が新米検事を演じる連続ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系)が高視聴率をマークして関係者を驚かせている。検事という役柄と吉高のイメージギャップもあり、ドラマの前評判は決して高くなかった。しかし、吉高は現役の女性検事を取材し、地道に役柄をつくり上げてきたという。

 最終回に向けて吉高はハイテンションで撮影に臨んでいるというが、それは下馬評を覆したからだけではなさそうだ。4月下旬、東京・港区の焼き肉レストランで開かれた会合でこんな“おのろけ話”を披露したという。

「会合とは吉高の親友、ハリセンボンの近藤春菜が主催する女子会『春菜会』のこと。この日は近藤と吉高のほかに、ベッキー、森カンナらが参加していたそうです。出席メンバーたちに交際中の『関ジャニ∞』大倉忠義(33)との近況について突っ込まれた吉高は、ほろ酔いだったことも手伝い、『来年結婚するかも~』と思わず漏らしたといいます」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る