三枝孝臣
著者のコラム一覧
三枝孝臣

1966年東京都生まれ。89年に日本テレビに入社、「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」など情報番組から、「THE夜もヒッパレ」「DAISUKI!」などバラエティーまで、手掛けた番組は100を超える。2015年に日本テレビを退社。現在、メディアデザイン会社「アブリオ」、LINEの前社長・森川亮氏と共に新事業「C Channel」を立ち上げ、メディアを超えたコンテンツプロデューサーとして活躍。近著に「一流のMC力」(東洋経済新報社)がある。

一本筋が通ったMCが魅力 加藤浩次を支える「4つの要素」

公開日:

 MC力は、ビジネスの世界でも活用できる! 「ZIP!」「スッキリ!!」「シューイチ」「THE夜もヒッパレ」などを担当した敏腕プロデューサーが、番組MCの魅力についてテレビマン目線で語る。

  ◇  ◇  ◇

 最近、テレビでは司会者ではなくMCと呼ぶ番組が多いです。MCとはマスター・オブ・セレモニー、つまり「番組の指揮者」で、出演者たちの能力を100%引き出す人といえます。僕が「スッキリ!!」に携わったのは10年前のことです。スタートから半年、方向性を大きく変える時期に参加しました。

「スッキリ!!」は加藤浩次さんがMCです。当初は朝の顔らしくないともいわれましたが、じつは彼こそMC力に秀でた人物のひとり。そこでMCとはいったい何なのか?

 それを支える「ギャップ力」「間抜け力」「現場対応力」「聴く力」という4つのMC力の解説を通じて、新しいテレビの見方を提案したいと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る