好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

公開日:  更新日:

 12月7日、「好きな女性アナウンサーランキング」がオリコンから発表された。1位はフリーアナの有働由美子(49)。今回は初のトップテン入りが多く、2位・弘中綾香(27=テレビ朝日)、4位・川田裕美(35=フリー)、5位・徳島えりか(30=日本テレビ)、9位・宇垣美里(27=TBS)という顔ぶれとなった。

 注目は毒舌キャラが話題の弘中と宇垣の2人だろう。

 弘中は、2017年2月のAbemaTV「原宿アベニュー」で、むちゃぶりの先輩について「すっごいムカつく」と発言。2018年1月の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)では司会の「オードリー」若林正恭の熱愛報道を受けて「してやったりって感じですか?」と言及した。

 一方の宇垣は、2018年6月の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)で、制作側がぶりっ子に見える視線だけを切り取ったことに対して「何様なの?」とブチ切れ。8月の「サンデージャポン」(TBS系)では、変な人に追いかけられて怖い思いをしたと言う宇垣にスタッフが「チヤホヤされてるんだからプラマイゼロでしょ」と言うと「殺意案件だな」と返した。いずれも女子アナが得意とする“返し”だったり、冗談交じりの発言だったのかもしれないが、ヒヤヒヤしている関係者も少なくないようだ。テレビ解説者の木村隆志氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る