桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

弘中アナにミタパンも ズケズケと物を言う女が受けている

公開日: 更新日:

 テレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」の弘中綾香(27)が気になる。新人1年目で「ミュージックステーション」のタモリの相手役に抜擢された女子アナだ。色白で童顔、アイドル顔負けのルックスでいつもニコニコ。ミスコン上がりか学生時代にモデルをしていたかのような女子アナが多い中、まれに見る素朴な感じが新鮮だ。

 ところが、「激レアさん」では一転、ドS全開で、オードリー若林をきりきり舞いさせる。タモさんの前ではぶりっ子だけど、若林のことはいたぶる。このギャップがたまらない。9月で「ミュージック――」を卒業したのは残念だが……。

 仮にすべて台本通りだったとしてもズケズケとモノ言うドSっぷりは一朝一夕にできるものではない。若林も弘中にグイグイやられて困惑しつつもどこかうれしそうだ。

 弘中のズケズケ言うキャラ、何かに似てると思ったら、あれでした、今話題の「チコちゃんに叱られる!」(NHK)のチコちゃん。髪形も顔も話し方もそっくり。もうチコちゃんにしか見えなくなってきた。そのうち弘中がチコちゃんばりに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱り出すんじゃないかと思ったり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る