桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

弘中アナにミタパンも ズケズケと物を言う女が受けている

公開日: 更新日:

 テレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」の弘中綾香(27)が気になる。新人1年目で「ミュージックステーション」のタモリの相手役に抜擢された女子アナだ。色白で童顔、アイドル顔負けのルックスでいつもニコニコ。ミスコン上がりか学生時代にモデルをしていたかのような女子アナが多い中、まれに見る素朴な感じが新鮮だ。

 ところが、「激レアさん」では一転、ドS全開で、オードリー若林をきりきり舞いさせる。タモさんの前ではぶりっ子だけど、若林のことはいたぶる。このギャップがたまらない。9月で「ミュージック――」を卒業したのは残念だが……。

 仮にすべて台本通りだったとしてもズケズケとモノ言うドSっぷりは一朝一夕にできるものではない。若林も弘中にグイグイやられて困惑しつつもどこかうれしそうだ。

 弘中のズケズケ言うキャラ、何かに似てると思ったら、あれでした、今話題の「チコちゃんに叱られる!」(NHK)のチコちゃん。髪形も顔も話し方もそっくり。もうチコちゃんにしか見えなくなってきた。そのうち弘中がチコちゃんばりに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱り出すんじゃないかと思ったり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る