中村麻里子は謎の休養…甘くないアイドルから女子アナ転身

公開日:

 元AKB48の中村麻里子アナ(24)が体調不良を理由に休養中であると報じられたのは先日のこと。

 中村アナは昨年4月、兵庫県の独立放送局サンテレビジョンに契約アナウンサーとして入社。平日夕方の情報番組「情報スタジアム 4時!キャッチ」で月曜から木曜にレギュラー出演し、ニュースを伝えたりリポーターとして取材にあたっていたが、9月20日を最後に番組から姿を消し、視聴者に心配されていた。

 同局は「頑張り屋さんの中村アナにはここでしっかり休養をとってもらって、またニュースに中継にと一緒に活躍できる日をみんなで待っています」とのお知らせを公式ツイッターに掲載。しかし、「復帰時期は未定」と広報は一部取材に応えた。ある放送関係者はこう言っている。

「アイドルとアナウンサーは違います。レールの敷かれた道を頑張って進んでいればそれでいいというのとは違い、アナウンサーなら時事ネタに通じていなければ話にならないし、その場その場で臨機応変の判断が求められます。現場は体育会系で、取材に会議、打ち合わせもあり、裏方仕事もあって、新人は駆け回らなければならない。上司から怒鳴られたり、視聴者からいちゃもんをつけられたりもする。きらびやかで、チヤホヤされていればいいという職業ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る