「下町ロケット」は不完全燃焼も…TBSドラマ制作の“底力”

公開日: 更新日:

 日テレ惨敗……2018年の連ドラで、日本テレビはGP帯の連ドラで平均視聴率2ケタを超えられなかった。記憶に新しい「今日から俺は!!」こそ勢いはあったものの、9・9%止まり。

「“視聴率”という尺度で見れば、『安定のテレビ朝日』『底力のTBS』というのがここ数年の傾向ですが、それがはっきりしたのが2018年でした」(在京キー局関係者)

 年間では、1位が松本潤主演「99・9%-刑事専門弁護士-」(TBS=1月期)」で17・4%。2位が米倉涼子主演「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレ朝=10月期)で15・6%。3位が水谷豊主演「相棒 seazon17」(テレ朝=10月期)で、2クール放送中の前半9話平均が15・3%だ。

 15%超えは4位の木村拓哉主演「BG~身辺警護人~」(テレ朝=1月期)の15・1%まで。“刑事・弁護士”の“1話完結の事件解決もの”が強かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る