43歳で結婚し9年…俳優・阿部寛が語った“夫婦の理想”

公開日: 更新日:

 50代は「変化の年」といわれる。男性は職場のポジションが変わったり、女性は子離れを経験したりする。熟年離婚が多いのもこの世代だ。映画「恋妻家宮本」(17年1月28日全国ロードショー=東宝)では、デキちゃった婚夫婦の「第2の人生」を描く。一人息子が自立し、初めて訪れた2人きりの生活。夫・宮本陽平(阿部寛)は妻・美代子(天海祐希)が押印を済ませた離婚届を発見する。優柔不断な陽平は美代子を問い詰められず悶々。「もし僕が離婚届を見つけたら、早く解決しようとすぐ(妻に)聞く」と笑った阿部寛(52)が語る夫婦の理想とは。

 ◇  ◇  ◇

 僕が結婚したのは43歳で、だいぶ落ち着いてからした方だと思うんです。だから犠牲にするものもなかった。でも、20代前半や若いころに結婚したら、きっといろんな障害が出てくるんだろうなと。仕事も30歳を過ぎたころから順調になってきたので、(一般的な人より)10年くらい遅れているのかもしれない。50歳になって、昔に比べてやれる役が圧倒的に減ってくる。家族がいますから、いつまで仕事ができるのか、あと何本できるのか、あといくつ良い作品に出合えるのか……。今、人生の第2幕、第3幕を迎える中で、そういう迷いはありますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る