43歳で結婚し9年…俳優・阿部寛が語った“夫婦の理想”

公開日: 更新日:

 50代は「変化の年」といわれる。男性は職場のポジションが変わったり、女性は子離れを経験したりする。熟年離婚が多いのもこの世代だ。映画「恋妻家宮本」(17年1月28日全国ロードショー=東宝)では、デキちゃった婚夫婦の「第2の人生」を描く。一人息子が自立し、初めて訪れた2人きりの生活。夫・宮本陽平(阿部寛)は妻・美代子(天海祐希)が押印を済ませた離婚届を発見する。優柔不断な陽平は美代子を問い詰められず悶々。「もし僕が離婚届を見つけたら、早く解決しようとすぐ(妻に)聞く」と笑った阿部寛(52)が語る夫婦の理想とは。

 ◇  ◇  ◇

 僕が結婚したのは43歳で、だいぶ落ち着いてからした方だと思うんです。だから犠牲にするものもなかった。でも、20代前半や若いころに結婚したら、きっといろんな障害が出てくるんだろうなと。仕事も30歳を過ぎたころから順調になってきたので、(一般的な人より)10年くらい遅れているのかもしれない。50歳になって、昔に比べてやれる役が圧倒的に減ってくる。家族がいますから、いつまで仕事ができるのか、あと何本できるのか、あといくつ良い作品に出合えるのか……。今、人生の第2幕、第3幕を迎える中で、そういう迷いはありますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  5. 5

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  6. 6

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  7. 7

    まだまだ売り切れ マスクを店頭で確実にゲットする方法は

  8. 8

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    東出昌大の“棒読み”も凌駕する 三島映画の白熱議論シーン

もっと見る