43歳で結婚し9年…俳優・阿部寛が語った“夫婦の理想”

公開日: 更新日:

 50代は「変化の年」といわれる。男性は職場のポジションが変わったり、女性は子離れを経験したりする。熟年離婚が多いのもこの世代だ。映画「恋妻家宮本」(17年1月28日全国ロードショー=東宝)では、デキちゃった婚夫婦の「第2の人生」を描く。一人息子が自立し、初めて訪れた2人きりの生活。夫・宮本陽平(阿部寛)は妻・美代子(天海祐希)が押印を済ませた離婚届を発見する。優柔不断な陽平は美代子を問い詰められず悶々。「もし僕が離婚届を見つけたら、早く解決しようとすぐ(妻に)聞く」と笑った阿部寛(52)が語る夫婦の理想とは。

 ◇  ◇  ◇

 僕が結婚したのは43歳で、だいぶ落ち着いてからした方だと思うんです。だから犠牲にするものもなかった。でも、20代前半や若いころに結婚したら、きっといろんな障害が出てくるんだろうなと。仕事も30歳を過ぎたころから順調になってきたので、(一般的な人より)10年くらい遅れているのかもしれない。50歳になって、昔に比べてやれる役が圧倒的に減ってくる。家族がいますから、いつまで仕事ができるのか、あと何本できるのか、あといくつ良い作品に出合えるのか……。今、人生の第2幕、第3幕を迎える中で、そういう迷いはありますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る