杉咲花「花晴れ」視聴率続落は作り手と視聴者の“乖離”?

公開日:  更新日:

 6月に入り、春ドラマもラストスパート。2005年に大ヒットした「花より男子」の10年後を描いた続編、杉咲花(20)主演の「花のち晴れ~花男Next Season~」(TBS=火曜22時)が苦戦している。

 第4話から毎回視聴率を下げ、5月29日放送の第7話で7・5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。“合格点”とはほど遠い。

「数字についてはたぶんTBSも織り込み済み。実際には『花のち晴れ』が女子中高生の間で一番見られているドラマのはずです」と、テレビ誌編集者はこう続ける。

「女子中高生は部活や定期テストで忙しい。なかなかオンタイムでは見られないので、視聴率には反映されにくい。電車の中で『中間(試験)が終わったからやっと“花晴れ”見れる~』なんて会話も耳にしますからね。」


 とはいえ、井上真央(31)、嵐・松本潤(34)らが出演した「花男」の半分以下の数字というのは、いかにも物足りない。テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る