深田恭子“ハジコイ”ヒットの予感 TBS火曜22時にジンクスが

公開日: 更新日:

 1月スタートのGP帯の連ドラが中盤戦を迎える。

「テレビ朝日が安定を継続。昨年の4クール12作品全てが平均視聴率1ケタと惨敗した日本テレビが好ダッシュで、今のところ2作品2ケタキープ。フジテレビの月9は3期連続で2ケタと復活の兆し。日テレとTBSとフジの"リーガルもの"では、TBSの『グッドワイフ』がリードするも、総じて苦戦というのが、序盤の総括でしょうか」(テレビ誌記者)

 そんな中、「今後の健闘が期待できそうなのが"ハジコイ"こと『初めて恋をした日に読む話』(TBS=火曜夜10時)ですね」と話すのは、テレビコラムニストの亀井徳明氏だ。

 ちなみに、民放で1月に平均2ケタをキープしているのは、上位から「刑事ゼロ」(テレ朝)、「家売るオンナの逆襲」(日テレ)、「メゾン・ド・ポリス~退職刑事のシェアハウス」(TBS)、「ハケン占い師アタル」(テレ朝)、「トレース~科捜研の男」(フジ)、「グッドワイフ」(TBS)、「3年A組 今から皆さんは、人質です」(日テレ)の7作品(10月クールから継続中のテレ朝「相棒」を除く)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る