日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

深田恭子に白石麻衣 好調のグラビア写真集なぜ“女子ウケ”

 出版不況にもかかわらず、今、グラビア写真集の売り上げが好調だ。

 首都圏の書店では毎週末、写真集発売を記念したお渡し会や握手会を開催。6日に発売された、フリー女子アナのトップ事務所、セント・フォースの「原色美人キャスター大図鑑2018」(文芸春秋)は初版2万部。永遠のアイドルアナ・皆藤愛子(33)、黒すぎるアナ・岡副麻希(25)、元SKE・柴田阿弥(24)など所属アナがズラリ。

 また深田恭子(35)が12月20日に発売する「palpito」(講談社)も29日に発表したばかりだが、通常予約分しか発注しない書店が多い中、深キョン人気を見込んだ注文が全国から殺到しているという。

 このグラビア人気の裏にはこれまでの男性ファンとは異なる“女子ウケ”がある。「原色美人――」発売記念の握手会を開催した書泉ブックタワー(秋葉原)の担当者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事