深田恭子に白石麻衣 好調のグラビア写真集なぜ“女子ウケ”

公開日:

 出版不況にもかかわらず、今、グラビア写真集の売り上げが好調だ。

 首都圏の書店では毎週末、写真集発売を記念したお渡し会や握手会を開催。6日に発売された、フリー女子アナのトップ事務所、セント・フォースの「原色美人キャスター大図鑑2018」(文芸春秋)は初版2万部。永遠のアイドルアナ・皆藤愛子(33)、黒すぎるアナ・岡副麻希(25)、元SKE・柴田阿弥(24)など所属アナがズラリ。

 また深田恭子(35)が12月20日に発売する「palpito」(講談社)も29日に発表したばかりだが、通常予約分しか発注しない書店が多い中、深キョン人気を見込んだ注文が全国から殺到しているという。

 このグラビア人気の裏にはこれまでの男性ファンとは異なる“女子ウケ”がある。「原色美人――」発売記念の握手会を開催した書泉ブックタワー(秋葉原)の担当者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る