桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「ダーウィン」が台無し…NHK“バラエティー化”の大迷惑

公開日: 更新日:

タレントが出演、ワイプで映像と声を流し、クイズまで挟み込む

 一体、何があったというのか。NHK「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」がおかしなことになっている。

 先週のテーマは「仁義なき“女たちの戦い”ワオキツネザル」。アフリカ・マダガスカル南部の川沿いの小さな森「ベレンティ保護区」を舞台に、8つの群れに分かれ、メス同士が激しく抗争しながら暮らす、ワオキツネザルをウオッチするものだった。いつもは最後まで貴重な映像と要所要所で登場するヒゲじいだけの構成だが、先週は「この物語を今回は豪華に4人のゲストと一緒に見ていきます」とナレーションが入った。

 えっ? と思って見ていたら「“動物大好き”アンガールズの田中さん、山根さん。“女の戦い”をくぐり抜けてきた北斗晶さん。そしてワオキツネザルを観察して19年、京都大学アフリカ地域研究資料センターの相馬さんには貴重な裏話も伺っちゃいます」。そこからはワイプでずっと映り続けるだけでなく、話し声まで拾った。そんな余計な映像と声は大迷惑。それだけでなく、途中で「突然ですが、ここでクイズです!」と中途半端にクイズを挟み込み、「たぶんこうだったんじゃないか劇場」として、アニメを入れ込むなどバラエティーもどきの構成に。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽