桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「ダーウィン」が台無し…NHK“バラエティー化”の大迷惑

公開日: 更新日:

タレントが出演、ワイプで映像と声を流し、クイズまで挟み込む

 一体、何があったというのか。NHK「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」がおかしなことになっている。

 先週のテーマは「仁義なき“女たちの戦い”ワオキツネザル」。アフリカ・マダガスカル南部の川沿いの小さな森「ベレンティ保護区」を舞台に、8つの群れに分かれ、メス同士が激しく抗争しながら暮らす、ワオキツネザルをウオッチするものだった。いつもは最後まで貴重な映像と要所要所で登場するヒゲじいだけの構成だが、先週は「この物語を今回は豪華に4人のゲストと一緒に見ていきます」とナレーションが入った。

 えっ? と思って見ていたら「“動物大好き”アンガールズの田中さん、山根さん。“女の戦い”をくぐり抜けてきた北斗晶さん。そしてワオキツネザルを観察して19年、京都大学アフリカ地域研究資料センターの相馬さんには貴重な裏話も伺っちゃいます」。そこからはワイプでずっと映り続けるだけでなく、話し声まで拾った。そんな余計な映像と声は大迷惑。それだけでなく、途中で「突然ですが、ここでクイズです!」と中途半端にクイズを挟み込み、「たぶんこうだったんじゃないか劇場」として、アニメを入れ込むなどバラエティーもどきの構成に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る