桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

フリーになった有働由美子はとにかくキョドっていて残念

公開日: 更新日:

 今週のテレビはまさに嵐一色。大坂なおみの全豪優勝も、玉鷲の大相撲初優勝も、嵐に吹っ飛んでしまった。もうお腹いっぱいなどと言ったら、嵐のファンにタコ殴りにされるのでこれ以上は書かないが、2020年末の活動休止まで、まだ1年11カ月もある。こんな調子がいつまで続くのやら。

 活動休止宣言から一夜明けた28日夜、「news zero」(日本テレビ系)も冒頭から30分近くも桜井翔を独占インタビュー。聞き手はもちろん有働由美子だ。

「きょうは、どこまで聞いていいですか」

「どこまででも聞いてください」

「ちょっと、zeroではこんなテーマを用意したんです」

「“活動休止”会見の『ウラ側』」「『着地点』探す5人の“会話”」「復活は? 嵐の『コレカラ』」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る