桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

フリーになった有働由美子はとにかくキョドっていて残念

公開日: 更新日:

 今週のテレビはまさに嵐一色。大坂なおみの全豪優勝も、玉鷲の大相撲初優勝も、嵐に吹っ飛んでしまった。もうお腹いっぱいなどと言ったら、嵐のファンにタコ殴りにされるのでこれ以上は書かないが、2020年末の活動休止まで、まだ1年11カ月もある。こんな調子がいつまで続くのやら。

 活動休止宣言から一夜明けた28日夜、「news zero」(日本テレビ系)も冒頭から30分近くも桜井翔を独占インタビュー。聞き手はもちろん有働由美子だ。

「きょうは、どこまで聞いていいですか」

「どこまででも聞いてください」

「ちょっと、zeroではこんなテーマを用意したんです」

「“活動休止”会見の『ウラ側』」「『着地点』探す5人の“会話”」「復活は? 嵐の『コレカラ』」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る