桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

ドラマもバラエティーも…関西テイストは関東では嫌われる

公開日: 更新日:

「後妻業」(フジテレビ系)の大阪弁がどうにも気色悪い。さぶいぼ(鳥肌)が出そう。とくに主演の木村佳乃と相棒の高橋克典。へんちくりんな大阪弁が気になってセリフが耳に入ってこない。やっぱり、こういうのはネーティブじゃないと。

 百歩譲って、大阪出身じゃなくても、せめて関西圏の出身者にして欲しかった。尾野真千子(奈良出身)だったらとつくづく残念。これだからフジテレビは……と思ったら、なんと関西テレビの制作とわかり、びっくり。

「なまりは国の手形」と言うが、大阪のテレビ局が大阪弁にこだわらないなんて。残念。まっ、そのいい加減さが大阪っぽいといえば、ぽいけど。

 視聴率に驚いた。東と西ではダブルスコアで関西が圧倒的に高い。どこで売ってるねんというようなヒョウ柄のおばちゃん、いつの時代やねんというくるくるパーマなどところどころ大阪人をバカにしてるんかという描き方なのだが、当の大阪人はこれを楽しんでいるということのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る