由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

「夜明けのスキャット」は1社提供のラジオ番組のテーマ曲

公開日: 更新日:

 デビュー曲「ヒッチハイク娘」が全然売れなくて、歌がダメなら女優になろう(!)と俳優座の養成所に行ったら、研究生は採用しない時期で、すっかり八方塞がりになっちゃったんです。毎日、挫折感でフラフラしていました。

 中学から高校まで、ひばり児童合唱団のすぐそばにあった洗足学園の学生だったのですが、東京芸術大学の音楽科にいる姉のことは「越えられない」とずっと思っていたので、音楽科ではなく普通科に、芸能活動を認めてもらいながら通っていました。

 私が授業の単位を落としそうになると「この時間だけは出ろ」って助けてくれた先生がいて、その先生が「ひとまず洗足の短大に行け」っておっしゃって。洗足学園の短大英米文学部に進学したんです。

 一方で、昨日、お話ししたように、子供の時から合唱団にいて譜面が読めたので、中学の時からCMソングを歌っていました。最初はオーディション歌手といって、クライアントに提案するための曲を歌うだけ。「本番は弘田三枝子に歌ってもらいますから」なんて言われてカチンときたこともあったわ。それでも味の素の「ハイミー」とか明治チョコレートのCMとか300曲以上いろんなものをやりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る