由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

「夜明けのスキャット」は1社提供のラジオ番組のテーマ曲

公開日: 更新日:

 デビュー曲「ヒッチハイク娘」が全然売れなくて、歌がダメなら女優になろう(!)と俳優座の養成所に行ったら、研究生は採用しない時期で、すっかり八方塞がりになっちゃったんです。毎日、挫折感でフラフラしていました。

 中学から高校まで、ひばり児童合唱団のすぐそばにあった洗足学園の学生だったのですが、東京芸術大学の音楽科にいる姉のことは「越えられない」とずっと思っていたので、音楽科ではなく普通科に、芸能活動を認めてもらいながら通っていました。

 私が授業の単位を落としそうになると「この時間だけは出ろ」って助けてくれた先生がいて、その先生が「ひとまず洗足の短大に行け」っておっしゃって。洗足学園の短大英米文学部に進学したんです。

 一方で、昨日、お話ししたように、子供の時から合唱団にいて譜面が読めたので、中学の時からCMソングを歌っていました。最初はオーディション歌手といって、クライアントに提案するための曲を歌うだけ。「本番は弘田三枝子に歌ってもらいますから」なんて言われてカチンときたこともあったわ。それでも味の素の「ハイミー」とか明治チョコレートのCMとか300曲以上いろんなものをやりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る