板野友美の妹・成美 生き残りへ“姉妹セット売り”のススメ

公開日: 更新日:

「アヒル口」などが姉を彷彿させると話題なのが女優の板野成美(23)。元AKB48の「ともちん」こと板野友美(27)の妹で、このほどファーストDVD「ここに、イタノ」の発売記念イベントを行った。

 成美は2013年に初舞台を踏み、「サブウェイ」のCMなどに出演。これまで姉の存在に頼らずにやっていこうと「成美」の芸名でやってきたが、今年から「板野成美」と改名している。

「姉との比較を嫌ったのか」との質問には「それもあったのかも。何か恥ずかしいというか」と答えたが、いまひとつパッとしない現状を打破して売れるには、背に腹は代えられぬということだろう。

「デビュー5年間で地上波テレビの出演本数がわずか4本というのですからね」と、某スポーツ紙記者はこう言う。

「有吉弘行から、バラエティー『有吉反省会』で『板野成美をやめて板野妹でいいんじゃないの』と向けられて、苦笑していたのが印象的。姉妹アピールの効果は確かにあるようで、本人もそのことを認めている。有村藍里が有村架純の姉であることを公にして話題になり、仕事が好転したことにならい、『あれになりたいんでしょ』との有吉の指摘にも『はい』と認めていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る