小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

自称“ピン時事芸人”プチ鹿島はもっとコメントにスパイスを

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 テレビ朝日系「サンデーステーション」の解説コーナー「注目ニュース読みくらべ」。担当するプチ鹿島は“ピン時事芸人”を自称し、毎日一般紙からスポーツ紙まで12紙に目を通すという。スパイスが効いた解説が持ち味だが、5日はごくごく常識的な線で落ち着いてしまった。

 取り上げたのは「令和時代に見込まれる主なできごと」(朝日新聞1日付)と「『令和』の主な予定・出来事と政府目標」(日経新聞2日付)。

 朝日で注目したのは令和7年から17年までに労働人口の49%がロボットに置き換わることや令和27年のAIが人間を超えるまでになること。日経は人口減問題で、令和24年に65歳以上の高齢者がピークを迎えること、令和33年の東京電力福島第1原発の廃炉完了にフォーカス。

 原発に関しては1日付の東京新聞が「故郷奪われたまんま」の被災者にも言及した。15~64歳のいわゆる生産年齢人口の減少で外国人人材の受け入れが拡大していき、廃炉作業にも従事することになるといわれていることに関して辛口のコメントが欲しかったが、「さまざまな思いが交錯した令和初日でした」とスルーしてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る