小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

博多大吉「あさイチ」1年で自然体に 失言・暴言には要注意

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 有働由美子とイノッチ(井ノ原快彦)、柳沢秀夫のトリオでブレークしたNHK朝の「あさイチ」。2代目MCに博多華丸・大吉が起用されると知った時、「大丈夫か」と不安が先に立った。とくに大吉の失言・暴言が心配だった。

 12日は地元福岡から放送し、熊本出身の森高千里らがゲスト出演。女性を中心に炎上することになった大吉のコメントは森高の代表曲「私がオバさんになっても」について説明している時に飛び出した。「女盛りは19」という心ない男性の言葉にカチンときたと話した森高に、大吉は「森高さんが歌うから手拍子できるけど、『まじオバさんになってんやん』という人が歌うとね」と返したのだ。

 本人はヨイショのつもりだろうが、ピントがずれ、森高がドン引きしたのは当然である。

 ただ、言葉が過ぎることもあるが、そういう時以外は自然体のやりとりで健闘している。早生まれの子供を持つ母親が話題になった15日は「同級生より成長が遅い」「自分はできないと思いこむ」「自信を失う」という負の連鎖があるとのリポーターの説明に、自身が早生まれの大吉は「できなくてもいいんだ。ラッキーと思っていた」とポジティブに反応した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る