小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

場数踏んできたのに…渡辺宜嗣アナ「令和」報道でのお粗末

公開日: 更新日:

診断結果は…【不可】

 いつもは前振りを手短に読み上げる。時に現場の記者やコメンテーターとやりとりをする。それ以外は、「はい」「そうですね」と受けるなど、シンプルな進行が目立つテレビ朝日系「スーパーJチャンネル」のMC渡辺宜嗣(64)だが、その日に限って冗舌で声を弾ませ、笑顔もこぼれた。

 1日の新元号報道。号外を配布する新聞関係者の映像に次いで「新元号は街中で話題になっているようです」と渡辺の振りを受け、街頭インタビューが流れた。「令和」と書いて「のりかず」と読む鎌倉市小町通り商店街会長の高橋令和さんに「のりかずと読んでくれる人が少ない?」「どんな時代になって欲しいですか」とやりとりする。新元号のゴム印の注文が殺到中という業者の声を受け「(平成は)あと1カ月続きます」と渡辺。

 裏の日本テレビ系は池上彰の解説で海外の報道を含めて掘り下げているのに、「Jチャン」では決定までのプロセス、天皇陛下や皇太子さまにどう伝えられたかなどが続く。新元号を選ぶ閣議では盗聴器が仕掛けられていないか植木鉢まで調べたそうだが、渡辺には、事前に漏れるとどんな不都合があるのか、記者に聞いて欲しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る