小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

安全運転の加藤綾子アナ テーマ深めテンポよい進行に好感

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 2012年4月から4年近く「めざましテレビ」(フジテレビ系)のMCを務めた加藤綾子タモリやさんまの番組のアシスタントを務めた経歴から「カトパンといえばバラエティー」という印象が強い視聴者も多いかもしれない。

 3年前、フジテレビを退社してフリーになったが、4月から、平日夕方の「Live News it!」(同)のMCに起用された。従来の番組が影響して視聴率が低迷しているが、健闘しているのではと思う。テーマを深めつつ、テンポよく進行している。

 8日は雨の中で花見を楽しもうとしている若い女性たち、新宿御苑のライトアップなど気象と季節ものを組み合わせたニュースから始まり、前日の選挙で当選した大阪府知事・大阪市長初登庁を経て、FNN取材班が独自に取材した(といっても当局の監視つきだが)北朝鮮の現状を伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る