小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

安全運転の加藤綾子アナ テーマ深めテンポよい進行に好感

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 2012年4月から4年近く「めざましテレビ」(フジテレビ系)のMCを務めた加藤綾子。タモリやさんまの番組のアシスタントを務めた経歴から「カトパンといえばバラエティー」という印象が強い視聴者も多いかもしれない。

 3年前、フジテレビを退社してフリーになったが、4月から、平日夕方の「Live News it!」(同)のMCに起用された。従来の番組が影響して視聴率が低迷しているが、健闘しているのではと思う。テーマを深めつつ、テンポよく進行している。

 8日は雨の中で花見を楽しもうとしている若い女性たち、新宿御苑のライトアップなど気象と季節ものを組み合わせたニュースから始まり、前日の選挙で当選した大阪府知事・大阪市長初登庁を経て、FNN取材班が独自に取材した(といっても当局の監視つきだが)北朝鮮の現状を伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る