顔面偏差値は関係なし…山里亮太に学ぶ“高根の花”攻略法

公開日: 更新日:

 南海キャンディーズの山里亮太と蒼井優の結婚は山里がなぜ、美人女優を射止めることができたのかが最大の注目ポイントだ。

 山里と同じ事務所の先輩にあたるタレントなだぎ武(48)はこう言った。

「40過ぎて、人間的に円くなって(相方の)しずちゃんとも仲良くなった。身長180センチ以上あるし、頭もキレる。意外にハイスペック。顔面以外はね」

 たしかに山里は蒼井がこれまで交際してきたイケメン俳優に比べれば“顔面偏差値”こそガクンと下がるが、関西大卒で現在はレギュラー19本の超売れっ子芸人。年収1億円は下らない。とはいえ、内々で交際のうわさはあったそうだが、なだぎは「ありえないと思っていた。ニュースを見て度肝を抜かれた。令和1発目のビッグニュース」と言い、「生きていると、いいことある。そんな夢を多くの人に与えたのでは」と祝福していた。この感想に意を強くする世の独身中年男たちも山里の成功に学ぶべき点は多い。恋愛ジャーナリスト・おおしまりえ氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る