小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

NHK「シブ5時」MC守本奈実 微妙な声のトーンや表情に注目

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 NHK「シブ5時」のMC守本奈実(38)は微妙に異なる声のトーンや表情、あるいは短めの言葉で喜怒哀楽を表現する。

 10日、札幌で2歳の女の子が衰弱死した事件は――。シングルマザーのネグレクト、同居男性の虐待、児童相談所と警察の連携不足が背景にあると推測されるが、「過去の虐待事件を受けて作られた(通報があってから48時間以内に安否を確認するという)ルールは守られず」と読みあげるところではなぜ、どうしてとの思いが声に込められているように感じた。「児相は(警察と)一緒に行くことも、翌日行くと言っておきながら調査にも行きませんでした」という部分ではワンオクターブ、声のトーンが上がった。児相の対応の甘さを問うていると受け止めた。

 安倍首相番の岩田明子が首相のイラン訪問にも触れた。「トランプがイランとの仲介を依頼した」「安倍首相は父親の安倍晋太郎外相の秘書官として(イラン訪問に)同行したこともある」などと解説する岩田に守本は「う~ん」などと発しながら聞くだけ。相手は上層部に覚えめでたいやり手の記者だけに緊張していたのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る