小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

大下容子はテーマやコメンテーターとの適度な距離感がいい

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 川崎市の児童と保護者らの殺傷事件に続き、元農水省次官による長男殺害事件が発生し、引きこもりと事件の関連性が報じられている。とくにテレビは専門家を招くなど連日取り上げ、「自分の命を絶てばいいじゃないですか」と強調したMCも現れた。テレビの影響力や公共性を考えない軽はずみな発言である。

 その中で2つの事件について専門家やコメンテーターの力を借りながら多角的かつ深掘りしようと努めているのがテレビ朝日系「大下容子ワイド!スクランブル」だ。先月31日は中高年の引きこもりの支援に当たってきた専門家が「40歳くらいになると、もう仕事に就けない」と思う一方で、「自宅に安住できる気持ちも出てくる」と解説したのに対し、大下は「落ち込んだ時に引きこもることもあるのだろうか」と非常に基本的な疑問を投げかけた。

 続いて「アメリカにも引きこもりの人はいるが、日本独特のもの」(デーブ・スペクター)、「一つ一つのケースを丁寧に見た上でこの言葉を使っていくべき」(柳沢秀夫)などの声が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る