小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

夏目三久の丁寧なあいさつと喜怒哀楽を伝える表情に感心

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 MC夏目三久の「おはようございます。今日も朝早くから見ていただき、ありがとうございます」で始まり、「今日も見ていただき、ありがとうございました。また、明日お会いしましょう」で終了するTBS系「あさチャン!」。MCの挨拶がここまで丁寧かつ気持ち良く感じる番組はほとんどない。基本がいかに大事かということだ。

 声質が番組に安定感を与え、かゆいところに気配りできるその進行が番組支持に貢献している。例えば、元サッカー日本代表DFの中沢佑二が番組に初めて登場した、先月28日。夏目は「すごくいい匂いがする」と言いながら中沢を迎えた。「香水をつけている」と答えた中沢に、欲を言えばどんな匂いか具体的に聞いて欲しかったが、それでも、そんなやりとりが視聴者の想像力を刺激したのは間違いない。

 同27日、墨田区の水族館でマゼランペンギンの赤ちゃんが誕生、名前を募集しているというニュースではVTR映像が出なかった。夏目はすぐ「ごめんなさい。映像があると思ったんですが、静止画でした」と謝った。これでスムーズに次に移ることができた。これもMCの基本だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る