入院中というが…ジャニー氏の気になる病状と事務所の今後

公開日: 更新日:

「重篤な状態」と一部で報じられていたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(87)の病状について、同事務所が1日、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で入院していると明らかにした。

 ジャニー氏は6月18日午前11時半ごろ、体調の異変を訴え、都内の病院に救急搬送された。現在も入院中だという。同事務所は「(ジャニー氏は)今も必死に頑張っています」「治療に専念することを最優先とさせていただきたい」などと訴えた。

 そもそも、解離性脳動脈瘤破裂とはどんな病気なのか。医師で作家の米山公啓氏がこう言う。

「脳動脈が瘤のようになっていたものが裂け、さらに解離した部分が破裂して、くも膜下出血を起こした状態です。脳動脈瘤破裂自体は自然治癒するケースもありますが、くも膜下出血に至れば予後が悪い。高齢者で動脈硬化が進んでいれば、脳のむくみを取るなどの対処的療法しかなく、意識も戻らないまま、ということは十分に考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  9. 9

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る