小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

福山雅治さんからの“至極の接待”下積みも無駄ではなかった

公開日: 更新日:

 打ち上げでも「小手さんが演劇で培ってきたメソッド(方法論)が、作品を全体的に底上げしてくれた」と、リップサービスにしても至極の接待過ぎて心配になるほどの賛辞と握手をしてくださいました。

 福山さんほどの方に褒められるのはなんとも恐れ多いことですが、共演者として興味を持っていただいた上、何らかの刺激をお届けできたのなら、僕の「下積み」も無駄じゃなかったのかな……。

 そんなことを思いながら次に向かった現場は「早稲田小劇場どらま館」。学生時代によくお世話になりました。今回は昨冬に特別出演という形で参加した早大の演劇サークルを中心とした学生たちによる自主映画「色の街」の完成披露試写会に登壇したのですが、実に感慨深いものでした。

 というのも、テレビ的な観点でいえば、僕の「下積み現場」ともいえる劇場なんですよね。そんな思い出深い劇場で歓待され、目の前にいる後輩たちからの褒め言葉が、福山さんのそれと同じに感じられたわけで。

 立場の上下に関係なく、褒められりゃこっぱずかしいんですよ、僕は(笑い)!

【今週の格言】
10年ひとつのことを頑張れば、神様はきっとご褒美をくれる。(by オノ・ヨーコ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る