小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。WOWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」(第2話、20年1月31日24時~)に出演。

福山雅治さんからの“至極の接待”下積みも無駄ではなかった

公開日: 更新日:

 打ち上げでも「小手さんが演劇で培ってきたメソッド(方法論)が、作品を全体的に底上げしてくれた」と、リップサービスにしても至極の接待過ぎて心配になるほどの賛辞と握手をしてくださいました。

 福山さんほどの方に褒められるのはなんとも恐れ多いことですが、共演者として興味を持っていただいた上、何らかの刺激をお届けできたのなら、僕の「下積み」も無駄じゃなかったのかな……。

 そんなことを思いながら次に向かった現場は「早稲田小劇場どらま館」。学生時代によくお世話になりました。今回は昨冬に特別出演という形で参加した早大の演劇サークルを中心とした学生たちによる自主映画「色の街」の完成披露試写会に登壇したのですが、実に感慨深いものでした。

 というのも、テレビ的な観点でいえば、僕の「下積み現場」ともいえる劇場なんですよね。そんな思い出深い劇場で歓待され、目の前にいる後輩たちからの褒め言葉が、福山さんのそれと同じに感じられたわけで。

 立場の上下に関係なく、褒められりゃこっぱずかしいんですよ、僕は(笑い)!

【今週の格言】
10年ひとつのことを頑張れば、神様はきっとご褒美をくれる。(by オノ・ヨーコ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る