不振「集団左遷」…ショーケンにあって福山雅治にないもの

公開日: 更新日:

 福山雅治(50)演じるメガバンクの支店長が、廃店をもくろむ上層部の意に反して奮闘するドラマ「集団左遷!!」(TBS系日曜21時~)。

 初回視聴率こそ13.8%の好ダッシュを見せたものの、第2話で8.9%に落としてから中盤まで浮上できずにいる。

「日曜劇場お得意の企業モノ、副支店長役に“顔芸”で魅了する香川照之と盤石の態勢で前評判も高かったのに苦戦。TBSは早くも大ヒットした『半沢直樹』の来年4月の復活を発表するなど、何とかこの枠への注目を集めようとしています」(キー局関係者)

 同時間帯のテレビ朝日のドラマ特番攻勢に食われたという見方もあるが、「制作側が訴えたいことと、この時間の視聴者が望むものに微妙なズレがあります」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう続ける。

「ネット上のコメントにも表れていますが、訴求すべきサラリーマン層にはビジネスドラマとしてのリアリティーや重厚感が足りません。一般的な福山ファンには違和感を持たせてしまい脱落した人が多い。ただ、このドラマのテーマである“がんばる”に対して素直に共感する意見もあり、熱く応援している視聴者も確実にいます。後半は、その層を大事にしたいところですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る