城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

公開日: 更新日:

 ロック歌手の矢沢永吉(70)といえば、僕ら世代を中心に、幅広く、いろいろな影響を与え続けているスターだ。

 その矢沢が激怒した出来事があった。東日本を中心に甚大な被害をもたらした台風19号の猛威で、さまざまなイベントが中止を余儀なくされた。

 矢沢も12日に予定されていた東京・日比谷野外大音楽堂でのライブ中止の決断をした。交通網がほとんど全面運休という状況で、中止は当然だったと思うが、矢沢はそのライブに来場するはずだった客に対し、リハーサル風景を映像配信するとホームページで明らかにしていた。

 この対応について、ひとりのファン、ま、本当のファンかどうかは判然としないが、「なぜ台風直撃の時に? ライフライン使ってモラルないですね。もっと一般常識があると思ってましたが、トップが常識ないのなら、そりゃファンもモラルないですよね」などという抗議メールが送られてきたのだ。これに対し矢沢はホームページで配信延期を伝えた上で、「どの立場の人も、その人その人で頑張ってんだよ! メールごときで言いたいこと言ってんじゃねーよ、たくっ」と不快感をモロに出した。そして、このコメントは後に削除されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  2. 2

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  5. 5

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  6. 6

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    露骨な隠蔽工作発覚「桜を見る会」名簿廃棄は国会追及直前

  9. 9

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  10. 10

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る