てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

ハッタリを凌駕した「矢沢永吉」の熱く挑戦的な人間性

公開日: 更新日:

「カッコつけてた。後引けなくなっちゃったんだよね」(矢沢永吉日本テレビ「嵐にしやがれ」8月31日放送)

 矢沢永吉(69)は1972年、ロックバンド・CAROLのメンバーとして「リブ・ヤング!」(フジテレビ)に「テレビ出て一発かましたら、なんとかなるって思ってたから」と出演。一気にブレークを果たした。

 そんな矢沢が、かつてテレビの音楽番組への出演を拒否していた理由について、率直に語った答えが今週の言葉だ。

「当時はすいませんでした」とちゃめっ気たっぷりに謝罪。「1にハッタリ、2にハッタリだった」と振り返り、「矢沢永吉を張ってると疲れるわけ」と本音を漏らした。

 どうしても矢沢のインタビューというと、その絶大な人間的な魅力から、人間性に焦点を当てたものになりがちだ。しかし、8月25日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日)では違った。音楽バラエティー番組らしく、専門的な部分について矢沢に質問をぶつけていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る