チュート徳井の所得隠しは常習か…国税局が狙う“隠し資産”

公開日: 更新日:

 事件に発展するのも時間の問題ではないのか。チュートリアルの徳井義実が設立した会社が3年間にわたって出演料などの所得を申告せず、東京国税局から約1・4億円の申告漏れなどを指摘された問題。23日夜に会見を開いた徳井は「本当にルーズだったというしかなくて、もう甘さ、怠慢がすべて」などと釈明していたが、実際は“確信犯”だった疑いが強くなった。

  ◇ ◇ ◇

 FNNは24日、徳井が過去にも東京国税局から無申告を指摘されていた、と報じた。つまり、今回発覚した所得隠しは、ルーズや怠慢といった「うっかりミス」ではなく、“常習”の可能性があるのだ。元国税調査官の佐川洋一税理士はこう言う。

「今回は2つのポイントがあります。1つは、3年間の法人所得約1億円を全く申告していなかったことに対して無申告加算税(15%または20%)の対象となったこと。もう1つは、個人的な旅行代や洋服代など約2000万円を経費に計上していたことに対して重加算税(35%)の対象となったことです。普通に考えれば後者より前者の方が悪質と思うかもしれませんが、前者の無申告については、(本人が申告の必要性を十分に認識していたとしても)具体的な仮装隠蔽の事実が認められなかった、ということでしょう。逆に、後者の個人的な支出を法人の経費に計上していたことについては、内容は分かりませんが、何らかの仮装隠蔽の事実が認められたことになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る