“介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

公開日: 更新日:

 音楽プロデューサーの小室哲哉氏(60)が妻で歌手のKEIKO(47)に離婚を切り出し、すでに東京家裁に関連書類が提出され、今年に入って5回の調停が行われていると報じられた。

「女性を不幸にする男はどこまでいっても変わらない」「残念な方」「軽蔑に値する」と、世間の反応は非難ごうごうだが、小室氏を知るマスコミ、音楽関係者の見方はちょっと違う。

「わがまま放題、好き勝手にやってきた男。これまでの生き方を見れば、報道が事実でも何も驚くことはない」と、もっぱらなのだ。あるワイドショーの芸能デスクもこう言う。

「2011年にくも膜下出血を発症してから、リハビリに励んで、ようやく元気を取り戻しつつある妻に感謝し、これまで苦労させたことを詫びつつ、大切に寄り添う。そういう考えは小室さんにはない。倒れてから看病も自分なりに尽くしてきた。もう十分、我慢してきたのだから解放してもらってもいいだろう。形だけの夫婦関係を続けるのはうんざりと思っているようにもみえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

もっと見る