さんま後押しも…宮迫の復帰を阻む金塊強奪犯の“時限爆弾”

公開日: 更新日:

 吉本興業から契約解消された「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)の復帰のため、明石家さんま(64)が「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」を主催すると一部で報じられた。すでに、テレビ局員や芸能関係者らに招待状が発送されているという。

 さんまは宮迫を自らの個人事務所に所属させて復帰させようとしていることを、10月12日放送のラジオ「ヤングタウン」(毎日放送)でも明かしている。しかし、これに警鐘を鳴らす業界関係者は多い。

「かわいい後輩を助けたいという気持ちは分かりますが、宮迫は時限爆弾を抱えているようなもの。爆発したら、とてもじゃないですが、さんまさんの個人事務所では完璧に対応しきれないでしょうね」(芸能プロ関係者)

 その“時限爆弾”となりそうなのが、2016年に福岡で7億円の金塊を強奪したグループの主犯格・野口和樹被告だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  7. 7

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  8. 8

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  9. 9

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る