さんま後押しも…宮迫の復帰を阻む金塊強奪犯の“時限爆弾”

公開日: 更新日:

 吉本興業から契約解消された「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)の復帰のため、明石家さんま(64)が「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」を主催すると一部で報じられた。すでに、テレビ局員や芸能関係者らに招待状が発送されているという。

 さんまは宮迫を自らの個人事務所に所属させて復帰させようとしていることを、10月12日放送のラジオ「ヤングタウン」(毎日放送)でも明かしている。しかし、これに警鐘を鳴らす業界関係者は多い。

「かわいい後輩を助けたいという気持ちは分かりますが、宮迫は時限爆弾を抱えているようなもの。爆発したら、とてもじゃないですが、さんまさんの個人事務所では完璧に対応しきれないでしょうね」(芸能プロ関係者)

 その“時限爆弾”となりそうなのが、2016年に福岡で7億円の金塊を強奪したグループの主犯格・野口和樹被告だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る