りんごちゃん大ブレイク 背景に“今一番クリーン&ギャラ安”

公開日: 更新日:

 モノマネ界の超新星・りんごちゃん(年齢不詳)が17日、都内で行われたゼスプリの「キウイブラザーズ楽曲配信記念ライブ」に登場した。

 キウイ柄のワンピースに身を包んだりんごちゃんは「ミュージックスターティン!」から始まり、武田鉄矢と大友康平のモノマネでキウイブラザーズの「アゲリシャス~♪」を熱唱。「小りんごの頃(幼少期)から実はリンゴよりキウイを食べていて。リンゴは……食べないです。今日のイベントのダンスの先生がカッコよかったことがアゲリシャス」とコメント。

 りんごちゃんといえば、今年1月に「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)の新人発掘コーナーに出演し大ブレーク。一見、天然系ぽっちゃり女子かと思いきや、野太い声とガニ股で歌い始める“ギャップ”と“完成度の高いモノマネ”で番組MCのヒロミ(54)や明石家さんまもお気に入り。今や寝る間もないほど引っ張りだこの人気者だ。青森県出身で浜崎あゆみに憧れ、ニューハーフバーを経て、芸能界へ入ったというりんごちゃんについて、PR会社スタッフはこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る