桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

一茂&良純と正反対 お坊ちゃまキャラに小泉孝太郎が参戦か

公開日: 更新日:

 12日放送の「小泉孝太郎ムロツヨシ 自由気ままに2人旅」(フジテレビ系)を見て、あれこれ考えた。

 小泉孝太郎(41)とムロツヨシ(43)。アラフォー独身男の2人は、ドラマで共演して、意気投合した。以来、15年来のつきあいで芸能界きっての大親友として一時期、小泉はムロに自宅の鍵を預けていたとか。毎年、正月は小泉家で共に過ごし、ムロだけ父・純一郎からちゃっかりお年玉ももらっていたという。

 弟で環境大臣の進次郎(38)から、フリーアナウンサーの滝川クリステル(42)との結婚報告も孝太郎よりもムロが先だったというから、どんだけ小泉家に食い込んでいるんだという感じ。

 人たらしなムロの手にかかれば、孝太郎などイチコロ。旅の間もコロコロとムロのいいように転がされっぱなし。食事の際も「コウちゃんのおごりのご飯はいつだっておいしいんだから」と支払う気ゼロ。「今までで一番おごった人だあれ?」「ムロさん、普通に車買えるな」と。15年間支払いはいつも孝太郎。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る