桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

北村、毎熊、安田…ドラマに欠かせない「ダメ親父」の存在

公開日: 更新日:

 NHK朝ドラ「スカーレット」で、戸田恵梨香演じるヒロイン川原喜美子の父・常治のダメ親父っぷりが面白い。演じるのは北村一輝(50)。そもそも一家が大阪から信楽に引っ越してきたのも、商売に失敗し、借金から逃れるためだった。

 戦後とはいえ、貧乏ぶりはすさまじく、産後の肥立ちが悪い母に代わって喜美子は家事を一手に引き受け、けなげに妹の面倒も見る。中学卒業後、進学したいと訴えるも、「女に学問はいらん」と一蹴され、大阪に働きに出て、給料は家族に仕送り。

■借金だらけでいい加減

 大阪での生活も3年経ち、内職で貯めたお金で念願の美術学校に通おうと着々と進めると今度は「母が病気」と嘘をつかれ、帰ってみれば実家は借金だらけ。そんな喜美子が不憫だけど、当の喜美子はダメ親父を嫌うどころか慕っているふうで父娘の関係は良好なのが救い。富田靖子演じる母も、夫に対し愚痴も言わず愛情をもっている。懐の深い妻や娘のおかげでダメ親父は威張れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る