桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

秋の新番組対決「松之丞のテレ朝vs志らくのTBS」 軍配は?

公開日: 更新日:

 この秋から、立川志らく(56)がTBSの朝の顔になる。9月30日スタートの新番組「グッとラック!」のMCを務めるが、それまで出演していた「ひるおび!」のコメンテーターも続投する。

■肩入れし過ぎ?

 どちらも月~金の帯番組でMCとコメンテーターと役割は違えど、平日午前中はずっと志らくの顔を見せられることになる。かつて、みのもんたの全盛期にTBS系「朝ズバッ!」と日本テレビ系「おもいッきりテレビ」を掛け持ちしていたが、あれ以来ではないか。

 引き受けた志らくにはご苦労さまとしか言いようがないが、起用したTBSはどうかと思う。他に誰かいなかった?

 立川流なら「赤めだか」の談春だっているではないか。なぜ志らくに肩入れするのか。

 坂上忍に依存するフジテレビのようにTBSは志らくに社運を懸けるのか。坂上と志らく、どちらも毒舌がウリでその発言がSNSで炎上することも多い。前番組「ビビット」は同時間帯ぶっちぎりの最下位。見てもらわなければ始まらないということで、炎上商法でも始めるつもりか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る