<8>慰問は上から目線 芸で激励するからと「芸激隊」を結成

公開日: 更新日:

 1990年代になると、才賀たちの慰問活動に賛同して参加する芸人たちが増えてきた。才賀と同じ海上自衛隊出身で津軽三味線の太田家元九郎、三遊亭歌武蔵の3人は、常々慰問という言葉に違和感を抱いていた。

「慰問というのはどうも上から目線のような感じがあって、我らのチームには合わないんじゃないかと。他に言い方がないもんかと話し合いました。あたしらは芸で激励する活動をしているのだから、『芸激隊』というのはどうかと提案したら賛成してくれて、1993年に発足。あたしが隊長で、元九郎が副隊長、歌武蔵が幕僚長です。先年、元九郎が亡くなってからは歌武蔵が副隊長に昇格しました」

 大勢の芸人が芸激隊に加わった。全員がノーギャラを承知で出演するが、問題は交通費である。メンバーが増えれば交通費まで才賀の自腹というわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る