古典落語だって当時は新作 そう考えると「同時代落語」は

公開日: 更新日:

 柳家花緑は落語界を牽引する花形落語家のひとりである。祖父が先代柳家小さん、叔父が現・小さんという血筋もあり、若くして真打ちに昇進し人気が出た。しかし、サラブレッドならではの苦悩や意外なコンプレックスがあり、決して順風満帆ではなかった。真打ち昇進後、試行錯誤していた時期があったが、近年は吹っ切れたような活躍を見せている。まずは、好評を博す「同時代落語」について語ってもらおう。

「古典落語だって出来た当時は新作落語だったわけです。演者もお客さまも着物を着て座布団に座っていた。そう考えると、今現在新しい落語を演じるとしたら、着物に座布団じゃないだろう。洋服で椅子に腰掛けるのが当たり前なんじゃないか。そういう発想で始めたのが同時代落語なんです」
 つまり、時代に合わせて洋服姿で新作落語を演じたわけだ。
「きっかけになったのはフジテレビの『とくダネ!』で、『温故知人』というコーナーを始めたことです。人物のエピソードを3分で紹介するんですが、着物でやって欲しいと依頼されたのを、洋服でやらせて欲しいと頼んで、スーツでスツールに座ってやりました。これを毎週2年半続けたことで、腰掛けてしゃべるスタイルに慣れてきて、自分の落語会でそのスタイルで新作落語をやってみました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る