古典落語だって当時は新作 そう考えると「同時代落語」は

公開日: 更新日:

 柳家花緑は落語界を牽引する花形落語家のひとりである。祖父が先代柳家小さん、叔父が現・小さんという血筋もあり、若くして真打ちに昇進し人気が出た。しかし、サラブレッドならではの苦悩や意外なコンプレックスがあり、決して順風満帆ではなかった。真打ち昇進後、試行錯誤していた時期があったが、近年は吹っ切れたような活躍を見せている。まずは、好評を博す「同時代落語」について語ってもらおう。

「古典落語だって出来た当時は新作落語だったわけです。演者もお客さまも着物を着て座布団に座っていた。そう考えると、今現在新しい落語を演じるとしたら、着物に座布団じゃないだろう。洋服で椅子に腰掛けるのが当たり前なんじゃないか。そういう発想で始めたのが同時代落語なんです」
 つまり、時代に合わせて洋服姿で新作落語を演じたわけだ。
「きっかけになったのはフジテレビの『とくダネ!』で、『温故知人』というコーナーを始めたことです。人物のエピソードを3分で紹介するんですが、着物でやって欲しいと依頼されたのを、洋服でやらせて欲しいと頼んで、スーツでスツールに座ってやりました。これを毎週2年半続けたことで、腰掛けてしゃべるスタイルに慣れてきて、自分の落語会でそのスタイルで新作落語をやってみました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る