菜々緒の信念は「過去より未来より“今この瞬間”を生きる」

公開日: 更新日:

 表紙は女優の菜々緒(31)。スラリとした伸びたしなやかな手足も印象的だ。一方、ドラマで見せる「悪女役」が強烈な印象を残していたが、2019年はゴールデンの恋愛ドラマでヒロインを演じた。

  ◇  ◇  ◇

 ――2019年を振り返ってみると。

「『4分間のマリーゴールド』でヒロインのオファーをいただいたことは自分の中でもすごく大きかったと思います」

 ――“悪女イメージ”から脱却できた?

「“悪女といえば菜々緒”と言っていただけることはとてもありがたいことです。自分の名刺を一枚いただけた感じで。しかし、ひとつのイメージが固まってしまうのもあまりいいことだとは思いませんし、今回は新たな名刺を得るための挑戦となりました」

 ――視聴者からの反発は感じた?

「正直、私自身、最初は戸惑いもありましたよ。しかし気にせず、新たなイメージを受け取っていただけるようベストを尽くすことが大切だと気持ちを切り替えました」

 ――今回のドラマで“悪女でない菜々緒”のイメージも広がりましたね。

「それだけ悪女のイメージが付いてたんだなあという気付きにもなりました(笑い)」

 ――さて2020年はデビュー12年目となります。新たな目標はありますか?

「私あえて、あまり目標を持たないようにしてるんですよ。『今この瞬間にやっていることにフォーカスを当てる』ということを常に心がけてます。過去や未来のことを考えるより、とにかく“今”を大切にしようと」

 ――2月には出演映画「ヲタクに恋は難しい」も公開となります。

「私は2・5次元の舞台を愛するコスプレーヤーのOL役です。福田雄一監督とは2回目なんですが、“福田ワールド”全開で、オタクの方もそうじゃない方も楽しんでいただけると思います」

 ――撮影の印象は?

「恋愛コメディーなのですが原作にはないミュージカルシーンが盛り込まれていて、にぎやかで楽しい仕上がりになっていると思います。私もボイストレーニングや本格的なレコーディングをさせていただいたりして、新たなステップを踏ませていただいたと思います」

 ――最後に日刊ゲンダイ読者の中高年の男性に一言。

「やっぱりいくつになっても、どんな状況でも、人生を楽しんでる人はすてきだなと思いますね。みんな大変だし、必死じゃないですか。でも、そこをグッとがんばって、愚痴や弱音を口にせず、前向きに振る舞える方に引かれますね」

スタイリング/倉田強
ヘアメーク/吉田真妃(クララシステム)
(ワンピース)CORCOVADO(アクセサリー・シューズ)スタイリスト私物

▽菜々緒(ななお) 
1988年10月28日、埼玉県生まれ。2009年から芸能活動をはじめ、映画、ドラマ、CMなどで活躍中。最新情報は、ツイッター(@NANAO1028)、インスタグラム(@nanao-official)をチェック。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る