「新しい地図」高視聴率獲得も…地上波完全復活できるのか

公開日: 更新日:

 いまだにSMAP時代と何ら遜色ない人気があることが証明された「新しい地図」の3人。当然、テレビ局から出演オファーが殺到中なのかと思ったら何とも言えない微妙な結果だという。

■業界人がドン引きした“下ネタ”の数々

「4月以降でレギュラーのオファーがあったのは日テレとテレ東のみ。日テレは、3月いっぱいで打ち切りとなる『誰だって波瀾爆笑』の後枠で始まるスポーツ・バラエティー番組MCの有力候補として名前が挙がっています。テレ東は旅特番でのオファーです」(宣伝関係者)

 雌伏3年、ようやく日の目を見ることができるかと思ったら、取材を進めてみると意外な声も漏れ伝わってきた。

「『ガキ使』の3人を見て笑えたのは最初だけ。草彅はブリーフ一丁で村西監督のマネをし、稲垣は“大きなイチモツ”ネタまで披露した。あまりの下ネタにだんだんと見ていられなくなってしまった。多くの業界人は『ジャニーズを辞めるということはこれだけの覚悟が必要なんだ……』と認識したはずですよ。正直、日テレ以外のテレビ局は“新しい地図”の3人をどう扱っていいのか頭を悩めているんだと思いますね」(放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る