窮地の中居正広 退所しても「新しい地図」合流ない裏事情

公開日: 更新日:

 8月18日に47歳の誕生日を迎えた中居正広は、ラジオで次のように現在の心境を吐露した。

「47歳の抱負なんてありません。なんにもありません。な~んにもない。時間が過ぎるのを待つだけって感じですね。早く時間が過ぎねぇかなって毎日過ごしてます」(ニッポン放送「中居正広ON&ON AIR」)

 この投げやりな物言いに、スタジオのスタッフも苦笑いを浮かべるしかなかったようだ。

 中居がふてくされるのも無理はない。

 中居は2004年のアテネ五輪から夏季・冬季を通して8大会連続でTBSの五輪MCを務めてきた。SMAP解散の際に中居がジャニーズ事務所に残留したのは、“ライフワーク”でもある五輪MCを東京五輪でも務めるためだったとも一部で言われた。当然、TBSは今回も中居を起用するとみられていたが、自局の安住紳一郎アナ(46)でいくことを7月に明らかにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る